一生一度の 最高のトキメキ

ジャニヲタのチラシの裏

Jr.の夏ソング《サマステテーマソング》のエモさについて

Jr.といえばエモい

エモいといえば夏

夏といえばサマステ………

 

ということで今回は

テレ朝夏祭り『SUMMER STATION』

通称サマステ の歴代テーマソングと、そのエモさについて語っていきたい。

 

 

 

2015年 Mr.King vs Mr.Prince

『サマー・ステーション』

繰り返しの日々に そっと忘れかけてた ドキドキや トキメキ探しに行こう

Summer Station 今すぐおいで 毎日が笑顔になれる場所があるのさ

Summer Station みんなでおいで いつもより楽しい夏がここにあるから Come on now

いつまでも いつまでも 今を忘れない どこまでも どこまでも 駆け抜けて行こう

いつかこの景色も あの蜃気楼のように ユラユラと 静かに消えてくけど

現King & Princeが公式応援サポーターを務めた2015年。当時は今よりもJr.のグループが安定していなくて改編も激しく、Mr.King vs Mr.Prince はこの夏以降3:3での活動へと移行してしまう。

未来の確証など何もないジャニーズJr.。いつかこの景色もあの蜃気楼のようにユラユラと静かに消えていくけど、だからこそ彼らと私たちはいつまでもいつまでも今を忘れないし、全力で今を駆け抜ける。『毎日が笑顔になれる場所』も『いつもより楽しい夏』も『ドキドキやトキメキ』も、まだ10代の彼らの笑顔と輝きと共に、確かにそこにあった。

 

 

 

2016年 Mr.KING

『OH!サマーKING』

Mr.OH!サマー サマー KING サマー サマー KING ハニかんでも泣いてもOH!サマー

君のスマイルはひまわりの100倍眩しい

Mr.OH!サマー サマー KING サマー サマー KING 夏のど真ん中 夢をちりばめて

キミと僕とを繋いだら ラブとラブでハートが出来た

個人的にザ・トンチキソングを歌ってエモくさせるのは、Jr.にしかなし得ない技と思っている。

勢い溢れるMr.KINGの2年目のEXの夏。よく分からないけどなんか可愛い歌詞、ちょいこっぱすがしい胸キュン?セリフ、キャッチーなサビ、楽しいC&Rと振りつけ。けれど夏の終わりが近づくにつれてこの曲を聴くと泣きたくなるのは、煌く夏のど真ん中は夢のように過ぎ去ってしまうと知っているから。君のスマイルはひまわりの100倍眩しい、それはそう。

 

 

 

2017年 Mr.KING(HiHi B少年)

『スペースジャーニー 』

抱きしめて夢を Go Start! あふれてく希望Future! 僕らの未来輝くTogether とび乗ってReady Go

感じよう風を Wing Wing! 旅立とうキミもWith Me! 僕らだけのタカラモノ Oh Treasure! 探しに でかけよう スペースジャーニー 

昨年に続きMr.KINGのメインサポーターに加え、HiHi Jet、東京B少年がアシスタントを務めた。これまでサマステテーマソングは王道→トンチキ→王道→トンチキの流れが通説となっているが、この年は原点回帰の王道曲である。公演タイトルにもなった通り、この年のテーマは「宝探し」。彼らの溢れる希望と煌きを、若さと勢いに乗せて爽やかに歌う。『きらめく笑顔でミラクル起こそう』という歌詞に、そうか………私たちの宝物は目の前にある君たちの笑顔だったのか……と気づかされる。本当に信じられないがこの年まで1日に3回公演があった。いくら若いといったって、連日このスケジュールは鬼である。貴重な夏休みをステージに捧げてくれてありがとう。オタクもマジで頑張った。

 

 

2018年  HiHi Jets東京B少年

『みなみなサマー』

一度しかない今年の夏 見上げた雲がハート形

みんなの笑顔が光る 魔法の季節 夏休み

心も日焼けしようよ 裸足じゃ物足りないよ Summer Season 夏だから 裸になろう

King & Princeがデビューし、満を辞して公式サポーターに昇格したHiHi Jets東京B少年の初めての夏。2018年の夏はこの曲無しには語れない。見上げた雲がハート型がラブとラブでスペシャルハートな事はひとまず置いておいて、“一度しかない今年の夏”を歌ったのは歴代でこの曲が初めてで、かなり胸に刺さるワードである。この年が平成最後の夏だったということも大きく関係していると思う。

初聴ではとにかくトンチキが強すぎて理解が追いつかなかったが、これがEXシアターで歌われると思いもよらないほどにアガる。OPから一気に楽しくなれるし、アンコで歌われる2番は楽しいセリフの掛け合いとは裏腹にもうそこに見えている終わりを感じて少し切ない。平成最後の夏、一度しかない今年の夏。みんなの笑顔が光る魔法の季節を一緒に過ごせたことがかけがえのない思い出となった。この期間が過ぎると彼らも私たちも日常(学校や仕事)に戻ってしまうことを含め、夏休みのJr.は最高にエモい。

 

 

2019年  HiHi Jets、美 少年

『おいで!Sunshine』

「今年こそは」を競おうぜ 素肌のまま 今飛び込んで いつか誰かとじゃなく この夏に夢を見るのさ

炎天下 クラッとくるサマー 目、そらさないでよ 同じ瞬間、8月の夢を永遠に変えるのさ

「ひと夏」じゃ嫌!四季折々俺と居なよ     本気、“秋”&“冬”だって青春じゃん?謳歌

運命の春を見つけ愛、夏はここへ恋       終わんねぇっしょ your vacation

永遠だ、Sunshine!

今までになく洗練された爽やかアイドルサマーソングが誕生した2019年夏。彼らの冠番組「裸の少年」と共に、サマステ応援サポーターも2年目に突入。公演名は「パパママ1番 裸の少年 夏祭り」←トンチキにも程がある。この公演名の名付け親であるジャニーさんの居ない初めての夏となった。最愛の恩師との別れを経験し永遠などないことを知った彼らが、この夢のようなひと夏に永遠を願う儚さ。サマステ、ドラマ、東京ドーム、ロサンゼルス。一瞬でも目をそらせば見失ってしまうほどにせわしなく、アツい夏を全力で駆け抜けた彼らは確実に強く、大人になった。いつか誰かとじゃなくこの夏に君たちと夢を見させてくれてありがとう。夏が過ぎ去った今でもこの曲を聞くたびに彼らと一緒にハートを作ったあの夏の淡い思い出が蘇る。どれだけ季節が移り変わっても、2019年の夏は永遠にここにある。

 

 

 

かけがえのない夏をサマステに捧げてきたのは、メインを務める彼らだけではもちろん無い。もうジャニーズの世界には居ない子たちも含め、沢山のJr.が真夏のEXシアターで私たちの思い出を彩ってくれた。昔、『ジャニーズJr.の真実』という番組が放送された。ひと夏のジャニーズJr.たちの葛藤と成長に密着した番組である。2012年放送のもので主にサマリーの密着なのだか、学生にとって一年で1番楽しいはずの夏休みを厳しい世界に身を置いて、夢に向かって前向きに努力するJr.たちの様子が映し出されている。番組中の言葉を借りさせて頂く。「誰しもがスターになれる訳ではない。それは分かっている。しかし、ただ一つ言えること。これだけ直向きな季節を生きたなら、誰もがきっと強くなる」努力が報われるとは限らない、この先の確証など何もないこの世界で、それでも夢を追い求め全力で今を生きるJr.たちが過ごす夏は、一年のどの季節よりも一際輝きを放つ。